ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナワクチン接種・受付状況

更新日:2021年10月11日更新 印刷ページ表示

接種・受付状況

[令和3年10月10日現在]

【65歳以上の方】
(1)接種対象者数 4605人
(2)予約状況
・予約者数    4454人
・接種希望率 96.7%(4454/4605)
(3)接種状況
・1回目接種者数 4448人
                  接種率  96.6%(4448/4605)
                  接種希望者の接種率
                                99.9%(4448/4454)
・2回目接種者数 4390人
                  接種率  95.3%(4390/4605)
                  接種希望者の接種率
                                98.6%(4390/4454)


【12歳以上65歳未満の方】
(1)接種対象者数 5999人
※対象者は、町内医療従事者、介護施設従事者等を含む
(2)予約状況
・予約者数    4950人
・接種希望率 82.5%(4950/5999)
(3)接種状況
・1回目接種者数 4902人
                  接種率  81.7%(4902/5999)
                  接種希望者の接種率
                                99.0%(4902/4950)
・2回目接種者数 4767人
                  接種率  79.5%(4767/5999)
                  接種希望者の接種率
                                96.3%(4767/4950)


【参考:全人口に対する接種率】

(1)栗山町(10月10日現在)
・1回目接種率 82.6%(9350/11321)
・2回目接種率 80.9%(9157/11321)
(2)日本国内全体(10月8日現在)
・1回目接種率 72.8%
(92174332/126654244)
・2回目接種率 63.1%
(79952726/126654244)

バナー

ワクチンの有効性・安全性(副反応等)

ワクチンの効果

~本町で接種するワクチンは、ファイザー社製です~

ワクチン接種には次のような効果が期待されます。

1.感染しても症状が出るのを抑える効果

2.症状が出ても重症にならない効果

3.多くの人がウイルスへの抗体を持つことで社会全体が守られる「集団免疫」の効果

4.重症者を減らすことで医療機関への負担を軽減する効果

ワクチンの有効性

 ワクチンを受けた人が受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないということが分かっており、発症予防効果は約95%と報告されています。

なお、ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから7日程度経って以降とされています。

ワクチンの安全性

 ワクチンの安全性の確保のため、国は臨床試験の結果に基づいて安全性や品質について審査しワクチンを承認しています。また、国内での副反応を疑う事例を収集し、専門家による評価を行っています。

主な副反応は、頭痛、関節や筋肉の痛み、注射した部分の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。まれに起こる重大な副反応として、ショックアナフィラキシー(急激なアレルギー反応)があります。また、ごくまれではあるものの、ワクチン接種後に軽症の心筋炎や心膜炎が報告されています。接種後数日以内に胸痛、動悸、息切れ、むくみ等の症状が現れた場合は医療機関を受診してください。

詳しくはこちら

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?