ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 若者定住推進課 > 若者定住推進グループ > 栗山町若者移住促進助成制度について

本文

栗山町若者移住促進助成制度について

更新日:2020年12月14日更新 印刷ページ表示

助成制度

 この助成制度は、栗山町に移住する40歳未満の方、または中学生以下の子と同居している方を対象に、居住に要する費用の一部を助成し、本町への移住の促進を図り、地域の活性化や定住人口の増加を図ることを目的としています。

栗山町若者移住促進事業チラシ [PDFファイル/526KB]

 

■住宅取得費用助成制度

■中古住宅リフォーム助成制度

■民間賃貸住宅家賃助成制度

住宅取得費用助成制度


事業概要

 町外に居住する40歳未満の方、または中学生以下の子と同居している方が、栗山町内で新築または中古住宅を取得し、移住する場合に住宅取得に係る費用の一部を助成します。

助成対象者

  下記のすべてに該当する方。

  1. 転入日から前後1年以内(新築の場合は、前1年以内、後2年以内)に新築または中古住宅を取得・購入した方。
  2. 転入日において、年齢が40歳未満、または中学生以下の子と同居している方。
  3. 対象住宅に5年以上居住する見込みの方。
  4. 転入日から過去3年間、栗山町に居住したことがない方。
  5. 対象住宅に居住する方全員が税金等の滞納がないこと。
    ※住宅の名義が共有の場合は、所有権割合が5割以上有している方(二人いる場合はどちらか一方)
    民間賃貸住宅家賃助成を受けた方で、新築住宅を取得した場合、併用して住宅取得費用助成を受けられます。

助成対象住宅

  1. 栗山町内に所有する自己の居住する家屋で、居住用床面積が50平方メートル以上の建物。店舗や事務所等がある併用住宅の場合は、床面積の2分の1以上が居住用で、かつ50平方メートル以上の面積がある建物。
  2. 3親等以内の親族から購入した住宅ではないこと。
  3. 中古住宅の場合は、土地代を含む取得費用(税抜き)が100万円以上の建物。

助成額

  1. 新築住宅を取得、または購入した場合   80万円
  • 町内事業者で住宅を新築または購入した場合        加算額 20万円
  • エコビレッジ湯地の丘に住宅を新築または購入した場合   加算額 20万円

   2.  中古住宅を購入した場合  土地代を含む購入費用(税抜き)の10% (上限30万円)

住宅取得費用助成制度概要 [PDFファイル/106KB]

住宅取得費用助成制度Q&A [PDFファイル/104KB]

中古住宅リフォーム助成制度


事業概要

町外に居住する40歳未満の方、または中学生以下の子と同居している方が、栗山町内に移住し、中古住宅をリフォームする場合に係る費用の一部を助成します。

助成対象者

下記のすべてに該当する方。

  1. 転入日において、年齢が40歳未満、または中学生以下の子と同居している方。
  2. 対象住宅に5年以上居住する見込みの方。
  3. 転入日から過去3年間、栗山町に居住したことがない方。
  4. 対象住宅に居住する方全員が税金等の滞納がないこと。
    ※中古住宅を購入し、住宅取得費用助成を受けた場合でも、併用して中古住宅リフォーム助成を受けられます。

助成対象住宅

  1. 栗山町に所在する自己の居住する家屋で、居住用床面積が50平方メートル以上の建物。店舗や事務所等がある併用住宅の場合は、床面積の2分の1以上が居住用で、かつ50平方メートル以上の面積がある建物。

助成対象工事

  1. 中古住宅の増築・改築・修繕・模様替えに係る工事や建築設備に係る工事。
  2. 工事費用(税抜き)50万円以上の工事。
  3. 町内事業者で建築業の許可を受けている事業者が実施した工事。
  4. 交付申請年度と同一年度内に完了する工事。
    ※転入後にリフォーム工事を実施する場合は、転入日から1年以内に完了する工事。

助成額

  リフォーム工事費用(税抜き)の30% (上限30万円)

※他の補助事業等に該当する場合で、補助金等の交付を受けた時は、当該対象工事費を除外して助成金の計算を行います。

中古住宅リフォーム助成制度概要 [PDFファイル/100KB]

中古住宅リフォーム助成制度Q&A [PDFファイル/92KB]

民間賃貸住宅家賃助成制度


事業概要

 町外に居住する40歳未満の方、または中学生以下の子と同居している方で、町内事業所に勤務または起業し、栗山町内の民間賃貸住宅を借りて居住する場合に、家賃の一部を助成します。

助成対象者

  下記のすべてに該当する方。

  1. 転入日において、年齢が40歳未満、または中学生以下の子と同居している方。
  2. 栗山町の事業所に勤務する正規雇用の方(転勤者・公務員等は除く)、栗山町内で起業した方、または町外から転入して北海道介護福祉学校に入学し、町内で就職した方。
  3. 栗山町に5年以上居住する見込みの方。
  4. 賃貸借契約の借主であり、家賃を支払っている方。
  5. 転入日から過去3年間、栗山町に居住したことがない方。
  6. 対象住宅に居住する方全員が税金等の滞納がないこと。
  7. 対象住宅に居住する方全員が栗山町若者移住促進事業助成金の交付を受けていないこと。
  8. 対象住宅の実質家賃負担額(月額家賃から住宅手当等を除く額)が2万2千円以上であること。

助成対象住宅

  栗山町内にあるアパート、借家等。

  ※公営住宅、町営住宅、社宅等事業主から貸与されている住宅、社員寮、3親等以内の親族が所有している住宅は除く。

助成期間

 資格申請があった月の翌月から36ヶ月。

助成額・助成金の交付方法

  1. 助成額  ( [月額家賃] - [20,000円] - [住宅手当] ) × 2分の1 (千円未満切捨)
     ●上限額  単身世帯      月額最大1万円
             単身世帯以外   月額最大2万円
  2. 助成金のうち、2分の1を「くりやまギフトカード」により交付します。
  3. 交付は年2回(5月と11月)とし、支払月の前々月までの家賃支給実績により助成します。 なお、初回は助成資格決定日から1年経過後となります。

助成資格申請・交付申請

  1. 助成資格申請書に関係書類を添えて提出し、助成資格の決定を受けます。
  2. 助成資格決定者は、毎年度2回、助成金の交付手続きを行います。ただし、初回は助成資格決定日から1年経過後となります。

助成資格の異動と喪失

下記事項に該当した場合は、異動届出書の提出が必要となります。

助成対象要件に該当しなくなった時は、資格の喪失となります。

  1. 世帯員の構成に変更があったとき
  2. 住宅の賃貸借契約を解除したとき
  3. 家賃の額が変更になったとき
  4. 勤務先、就業形態に変更があったとき
  5. その他申請の内容に変更があったとき

民間賃貸住宅家賃助成制度概要 [PDFファイル/359KB]

民間賃貸住宅家賃助成制度Q&A [PDFファイル/108KB]

 

申請には期限等がありますので、詳しくは下記にお問い合わせください。

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)